王塚古墳(嘉穂郡桂川町寿命311番地)は、壁画保存のため春(4月)と秋(10月)の年に2回のみ、特別公開を行っています。平成29年度秋の公開は、10月14日(土)~15日(日)です。特別公開期間中は、国特別史跡の装飾古墳の石室をガラス越しに見学することができます。日本を代表する超一級の装飾古墳を見ることができる、またとないチャンスです、ぜひお越しください。

◆王塚古墳とは◆
王塚古墳は六世紀中ごろに作られたと考えられる、前方後円墳です。 昭和9年に福岡県嘉穂郡桂川町 大字寿命で、採土工事中、偶然発見され、多数の馬具、武器、銅鏡、装飾品、土器類を出土しています。  
最大の特徴は装飾壁画の壁面に赤・黄・緑・黒・白で描かれた靫(矢筒)・盾・騎馬・星・双脚輪状文・わらび手文・三角文などの文様がところ狭しと配列されています。その豪華絢爛さはわが国における装飾古墳の頂点として昭和27年に国の特別史跡に指定されています。 

 


【王塚古墳 秋季特別公開】
日 時:平成29年10月14日(土)~15日(日) ※現地直接受付 9:30~16:00 
会 場:王塚古墳(福岡県嘉穂郡桂川町寿命311番地)
入場料:無料、雨天決行
同時公開:遠賀川流域の古墳


お問い合せは、王塚装飾古墳館  TEL0948-65-2900 まで